Xperia 1 V(SIMフリーモデル)とキャリアサービス

Xperia 1 V(SIMフリーモデル)でデュアルSIM運用

先日購入した Xperia 1 V は、物理SIM(nanoSIM)と eSIM を同時に利用できるデュアルSIM機能に対応しています。

しかもSIMフリーモデルは、ミリ波には対応していない反面、特定のキャリアに縛られない幅広いバンドを網羅しているので、キャリアが異なる複数SIMを運用しても電波のつかみが悪いという問題には悩まされない。

ということで、今回はサブ回線用にeSIMを新規契約申し込みして、デュアルSIM運用を始めてみました。

デュアルSIMにした結果、データ通信のアンテナピクトが2つ表示されている…なんか感動w

どうしてデュアルSIM運用?

デュアルSIMで運用する目的は大きく以下の2つ。

通信料金の圧縮

元々は【ahamo(20GB/月)+大盛りオプション(80GB/月)+かけ放題オプション】を利用しています。

旅行・帰省などでテザリングをガッツリ利用するので大盛りオプションをつけているのですが、ahamo契約後から毎月の利用状況を観察すると。

  • テザリングをあまり使わない月もあり、その場合は20GB/月内に収まる。
  • テザリングをガッツリ使うと10GB/日消費することもあるが、月に数日程度。

と、大盛りオプションがもったいない状況になっていることが判明…大盛りオプション自体はコスパいいんですけどね…。

ということで、大盛りオプションのかわりにテザリング用の格安プランをサブ回線として契約したほうがコストダウンに繋がるかなぁ…と思っていました。

通信障害・大規模災害時のリスク分散

ahamo(NTTドコモ)は回線品質・エリア共に安心感が高いですが、それでも通信障害の可能性はゼロではない。

機器故障が原因で発生するタイプの大規模障害が、異なるキャリアで同時発生する事はまずありえないので、リスク分散になると思っています。

大規模災害時はもうどうしようもない状況にはなるとは思いますが、それでも異なるキャリアで回線を持っていれば、復旧状況によって使い分けることができるかなと。

ahamoと組み合わせるサブ回線は?

コスト面は重要ですが、「テザリングをガッツリ利用」という自分の用途を考えると回線品質もあまり妥協したくない。ということで、MNOの格安プランの中から検討することに。

候補1:Rakuten最強プラン データタイプ(楽天モバイル回線+au回線)

Xperia 1 Vを予約したあたりからデュアルSIMの検討を始めたのですが、その頃はデータタイプ提供自体は発表されていたものの、価格などのサービススペックは発表前でした。

回線品質の点で気になる点は多い楽天モバイル回線ですがですが、通常タイプが【税込3,278円/月でデータ通信無制限】というサービススペックだったので、内容次第ではサブ回線のプランとしては最有力候補と当時は考えていました。

しかし、正式発表されたサービススペックを見て

  • 音声機能がオミットされているにも関わらず、通常タイプと料金変わらず(そりゃ記者発表の席で同じ金額と発言はあったけど…)
  • 楽天カード利用者限定

というポイントで、速攻サブ回線候補から脱落…データタイプは「契約の簡易さ」がメリットのようですが、それ以外のメリットがまるでなしの謎プラン。

利用料金が2段階目(3~20GB/月)ですでにahamo大盛りオプションより高額なので、このようなサービススペックなら、自分の用途的には【ahamo大盛りオプションを旅行・帰省する月だけ契約】の方が、コスト面や回線品質面で良いと判断しています。

Rakuten最強プランはあくまでも通常タイプをメイン回線として運用するべきものだなと理解しました…が、個人的にはahamoから乗り換えは無いな…と思っていますw

候補2:povo2.0(au回線)

次に目をつけたのが、povo2.0。

  • au回線で回線品質・エリアに問題なし
  • 基本使用料は0円/月(180日超の継続利用にトッピング購入などの一定の条件あり)
  • サービススペックと料金は選択するトッピング次第

au回線なので回線品質・エリア的に問題はないし、回線維持に条件はあるものの使わない月(=トッピングをつけない月)は0円なので無駄な出費がない。

メイン回線として使うには癖が強そうですが、サブ回線であればかなり相性のいいプランの印象。

また提供されるトッピングの一例がこんな感じ。

  • 24時間使い放題:税込330円/回
  • 1GB(7日間):税込390円/回
  • 3GB(30日間):税込990円/回
  • 20GB(30日間):税込2,700円/回

特に「24時間使い放題:税込330円/回」が、「テザリングをガッツリ使う日だけ使い放題にする」使い方ができるので、自分の用途的に一番ぴったりなトッピングと感じています。

ということで…

【ahamo(メイン回線(+かけ放題オプション))+povo2.0(サブ回線)】で運用することにしました。

これまでの「ahamo大盛りオプション(80GB/月、税込1,980円/月)」を「povo2.0 24時間使い放題(税込330円/回)」で補うことになりますが、トッピング使用が月6回以内なら通信料金が下がる計算。

povo2.0は契約したばかりで、24時間使い放題トッピングのお世話になる機会がまだないので、計算通り・想定通りの運用ができるかは、しばらく様子をみて改めて評価しようと思います。


コメント