「Trend Micro Anti-Malware Solution Platform」の暴走について

ミニPC『MINISFORUM HX90G』到着

 昨年末に注文したミニPC『MINISFORUM HX90G』がようやく届きました!

注文から到着までの過程

今回年末年始に中国からの荷物ということで、到着までどのくらいかかるのかがものすごく気になっていました。
  • 2022/12/12:【Minisforum】注文メール受信
  • 2022/12/29:【Minisforum】発送メール受信
  • 2022/12/29:【トラッキング情報】集荷&中継センター経由@中国広州市
  • 2023/01/05:【トラッキング情報】日本到着(空輸)
  • 2023/01/06:【トラッキング情報】通関待ち
  • 2023/01/07:【トラッキング情報】通関完了
  • 2023/01/11:【佐川急便】お荷物お届け予定日メール受信
  • 2023/01/12:自宅に到着

一時期は中国広州市での記録を最後に1/10までトラッキング情報の更新がなく不安を覚えましたが、結果的には「注文からちょうど1ヶ月、発送から約2週間で到着」という感じでした。

開封直後

箱に入っていたものはこちら。本体、電源類、スタンド類、HDMIケーブル、説明書類という感じでした。

付属品のスタンドを本体に取り付けてみるとこんな感じ。

大きさの比較用に500mlのペットボトルを置いてみましたが、ミニPCとしては大きめな部類の本機ですが、スタンド込みでもやっぱり小さいですね。

設置およびベンチマーク

年末の大掃除以上のドタバタを経て、隙間スペースに本体設置。暗くわかりにくい写真になっていますが、PCデスクをずらしてできたモニタ脇の隙間に本体がいい感じにすっぽり収まりました。

ある程度環境設定やアプリのインストール実施後にCPUとGPUのベンチマークに挑戦。
ちなみに本体側面(吸気口)の白いものは、ホコリ防止用に貼った換気扇用フィルタです。換気扇に使われているものなので吸気に大きな影響はないと思いますが、ベンチマーク結果次第ではやめようかとw

CINEBENCH R23

ベンチマーク結果はこんな感じ。ランキング見る限りマルチ性能は「Core i9 - 9880H」よりも上位って感じですね。

ちなみに旧メインPC(第4世代Core i7)ではこんな感じ。やっぱり性能の差は歴然って感じですね。

CUP温度と動作音

「CINEBENCH R23」のマルチ性能測定中にCPU温度も観察してみましたが、各coreが100%に張り付いた状態でも、最大温度は90℃以上にならず。

ファンをガンガンに回して冷却しているのかそんな感じではなく、通常利用時のPC本体との位置関係だと全然動作音を感じなかったんですよね。耳を本体に近づければ動作音を感じますが、それでもCPUベンチ中の音としては驚くくらい静か。

冷却優先で電力制限してクロックを落としているとは思いますが(それでも「CINEBENCH R23」の結果を見る限り私には十分だとは思いますw)、本体の放熱機構が効率的に効いているのだろうなと思います。

これなら、換気扇用フィルタを外さなくても放熱には影響なさそうですw

気になるポイント

今までのメインPCが古かったこともあり、ここまで触った感じでは感動の連続でしたが、「USBポートはもう少し欲しかったかなぁ…」というのが今のところ唯一気になった点ですかね。

HX90GのUSBポート類は

  • 4×USB3.2 Gen2(背面)
  • 1×USB3.1 Gen1(前面) 
  • 1×USB-C Gan1(前面)

なのですが、今までデフォルトで5ポート以上のUSBを使っていたので、デフォルトだとギリギリって感じ。なので USB3.2 Gen2の7ポートハブ を購入してポート増強しています。

これから

現時点では快適に利用できており満足度が高いですが、今後色々出てくるかもしれないので、その都度また記事にできればいいなと思っています。

当面は、旧PC類などを処分して部屋をスッキリさせつつ、先日のSteamウィンターセールで購入した「サイバーパンク2077」を楽しいみたいと思います。
こんなコンパクトなPCで「サイバーパンク2077」もそこそこ動くんだもんなぁ…すごい時代になったなぁ…。

コメント