「Trend Micro Anti-Malware Solution Platform」の暴走について

『HP Chromebook x2 11』と実家で過ごす年末年始。

あけましておめでとうございます。

昨年は艦これのイベント記事(というか個人的記録w)がメインでしたが、後半は主に私が購入したChromebook『HP Chromebook x2 11』の記事が中心でした。
今年は艦これやChromebookだけでなく、昨年末注文したミニPCなども記事にできればいいなぁ…と思っていますので、今年もよろしくおねがいします。

今回の年末年始は『HP Chromebook x2 11』を持って実家に帰省したのですが、これまでは週末のちょっとした外出に持ち出す程度だったので、外出先でChromebookだけで数日過ごすのは今回の帰省が初。


実家には有線接続のスピーカーがあったので、 DAC搭載変換ケーブル も持参して帰省。

実家でも基本的な用途は変わらないものの、これまではWindowsノートを持参していたので多少不安はありました…が、このブログ記事を書いている時点までは全然問題なしです。
実家での利用で困る事がないのはもちろんですが、電車時間待ちの喫茶店や電車の中では、Chromebookや『HP Chromebook x2 11』の利点である手軽さをかなり発揮していました。

強いて気になった点を言えば、週末に使っているときより同時に開くウィンドウやタブが増えたことから、多少普段よりももたつきを感じたくらいでしょうか…私が持っている『HP Chromebook x2 11』(WiFiモデル)はメモリが4GBしかないですし…。
とはいえ、メモリ4GBのWindowsノートなら操作・挙動にイライラを覚えるレベルだと思うので、「多少普段よりももたつきを感じたくらい」で済んでいたのは、Chromebookならではというのも実感。

これなら自宅に帰るまでも問題なさそうですし、今後も安心して『HP Chromebook x2 11』を持ち出して旅行を楽しめそうです。

コメント