Twitter(現X)からの逃避先候補「Bluesky」と「Google Apps Script」

スマートウォッチ

外出自粛中に時間が余って仕方がないので、珍しくゲーム以外の話でもw

私は普段からスマートウォッチを使用しています。
スマートウォッチはスマートフォンありきのデバイスで、単体では出来ることは限られているのですが、その特性さえ把握していれば十分に活用できるものだと思っています。

で今愛用しているスマートウォッチは、1ヶ月位前に購入した


FOSSIL スポーツスマートウォッチ FTW4021

になります。
とりあえず今回は購入した経緯などを書いてみようかと。

今のスマートウォッチを購入する前も、世間的に名が通っている「Apple Watch」ではなくWear OS by Google搭載の「ASUS ZenWatch 3」を愛用してきました。

ZenWatch 3 購入当時のポイントは、
  • Apple Watch(に限らずですがApple製デバイス全般に言えると思いますが)が「iPhone(とその先のMac)の拡張デバイス」であり、基本的にiPhone利用前提のデバイスであること(私は根っからのAndroid(Xperia)ユーザ)
  • デザイン的に ZenWatch 3 の方がかなり好み(その上、そもそも四角形のウォッチフェースが好きになれない)
でした。

2016年の年末に購入してからずっと気に入って使っていたのですが、ココ最近は以下の問題が目につくようになりました。
  • 電池持たない(寝ている間に充電⇒お昼に充電でも帰宅時には残容量が20%を切る状態)
  • 充電端子の接触不良多発(なかなか認識されずにイライラする上、朝起きたら充電されていなかったとこともしばしば)
  • 何故かASUS公式アプリがGoogle Playから削除(後継機の発表もないので見限った?)
1つめ2つめの問題があり「そろそろ買い替えたいな…」と思っていたところでしたが、3つ目の問題が判明し「すぐに買い替えたい!」と思うようになりましたw

ZenWatch 3購入当時のポイントは今も変わらずだったので Apple Watch は最初から除外し、Wear OS by Google搭載機を探した結果が冒頭に紹介した Fossil スポーツスマートウォッチ になります。

この Fossil スポーツスマートウォッチ を選んだのは ZenWatch 3購入当時のポイントに加え
  • Fossilが時計メーカーであり継続的にWear OS by Google搭載スマートウォッチを出し続けていること(絶対とは言えませんが安心感があります)
  • 価格がかなり下がっていること(これ重要w)
が理由としてあります。
今でも十分価格としては割り引かれていますが、私が購入した当時は「本体セット+予備充電器」が今よりも安かった(2万円切っていた)ので、それを購入しました。(在庫処分感があるのは否めませんがw)

で使用してから1ヶ月程度立ちましたが、今のところは ZenWatch 3 よりも動作が軽快で&抱いていた不満はすべて解消されて満足しています。
唯一デザインは ZenWatch 3 の方が好みですが、Fossil スポーツスマートウォッチ の方は「イージークリック対応の22mm幅のバンド」であれば使えるのでバンドの選択肢は Fossil の方が上ですね。

また機会があったら Fossil スポーツスマートウォッチ について書いてみようと思います!

コメント