2012年6月24日日曜日

SSDとWindows 7 Pro 64bit版

最近PCの方がやっぱり何だか不安定…。
一応先日PCの熱対策はやったわけですが、それでもCドライブのHDDがちょっぴり不安定…。
ということで、今回は予防保全的にCドライブを最近価格が下落しているSSDに交換することにしました!

合わせてOSもWindows 7 Pro 32bit版からWindows Pro 64bit版に変更することにしました。(元々箱売りされているアップグレード版を購入していたので、32bit版と64bit版が同梱)
アプリへの影響(特に地デジチューナー)を考えて64bit版を使うことを躊躇していたのですが、改めてネットでいろいろ調べてみると、WOW64(Windows 32-bit On Windows 64-bit)のお陰で、結構すんなり32bit版アプリでも動いてくれるとのこと。ならばこの機に乗じてOSの64bit化です!ヽ(`Д´)ノ



今回購入したSSDは鉄板と言われている「Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 256GB CT256M4SSD2 」。
この256GB SSDがアマゾンでも17,000円台まで下落しており、CドライブにHDDではなくSSDを使う事にした決め手になりました。

とりあえず、SSD搭載前のPC構成は簡単にこんな感じ。
[CPU] Core i7 870
[メモリ] 4G
[ストレージ]
Cドライブ:512GB内蔵HDD(システム)
Dドライブ:512GB内蔵HDD(データ)
NAS(RAID5):5.4TB(データ、バックアップ、地デジ録画)
今回はシステムで使っているCドライブを今回購入したSSDに載せ替えた上で、Windows7 Pro 64bitを新規インストール。
Cドライブの容量は半減しますが、元々データの大半はDドライブやNASに格納しているため、Cドライブ容量としては全然問題はなし。

実際の作業ですが、HDD→SSD交換、Windows7 Pro 64bit版のインストールはあっけなく終了Windows Updateはやたら時間かかりましたが…(´・ω・`))
気になっていた64bit化によるアプリへの影響ですが、32bitアプリも一部動かないものもありましたが、思ったよりもすんなり動いてくれました。

とりあえず、土曜1日かけて日常使用に困らないところまで環境が整いました。

作業完了後のPC使用感ですが、「PCの起動がやっぱり早い!!ヽ(´ー`)ノ」ってことですね。
作業前後で常駐アプリの差は多少あるものの、電源投入からOS起動完了まで1分かからないのはやっぱり素直に嬉しい。
あと気持ちアプリの方もサクサク動いてくれている気がします。これはSSD化と64bit化(使用出来るメモリが増える)の両方の恩恵でしょうかね。

マザーボードがSATA2までの対応なので、SATA3対応のSSDの性能を十分に引き出せていないとは思いますが、それでも早さには十分満足しています。でも、この早さにもだんだん慣れちゃんでしょうね…^^;;

0 件のコメント:

コメントを投稿