2012年6月4日月曜日

PCの熱対策

最近、処理負荷の高めのソフトをたちあげている時に、いきなりPCの電源が落ちるようになりました…。
さすがに困るし危険な徴候なので色々解決策を調べてみたところ、どうも熱が原因??
そこでCPU(Corei7 870)とGPU(GeForce GTX470)の温度を調べてみたところ、
  • CUP温度:平常時50℃台、ピーク時75℃位
  • GPU温度:平常時70℃前後、ピーク時90℃超
…こりゃPCも落ちるわ…(´・ω・`)
と言うことで急遽PCの熱対策を実施。

熱対策①:PCの掃除
まずはPC内部のホコリを取って、CPUファンの冷却効果を回復させることに。
CPUファンの状態を確認したところ、ファンの奥にびっしりとホコリが詰まった状態に…。
サイドパネルを開けてエアダスターでちょこちょことは掃除していたつもりですが、ちゃんと中を見ないとダメですね…。
と言うことで、CPUファンの奥のホコリをハンディー掃除機を使って掃除(ちょっと乱暴なような気もするが気にしないw)
結果、CPU温度については15~20℃程度低下し、平常時で40℃前後、ピーク時でも60℃台前半で落ち着くようになりました。

熱対策②:エアフローの見直し
前面ファンと側面ファンの2ヶ所から吸気し背面ファン1ヶ所から排気するエアフローになっているのですが、GPU付近に熱がこもっている状態。
と言うことで、GPU付近の熱逃がしを目的に側面に吸気用ファン、PCIスロットに排気用ファンを1つづつ追加して見ることに。


ファンと追加した結果はと言うと…GPU温度に変化なし…(;´д⊂)
追加した排気用ファンから結構排熱が出ているのでまるっきり効果がないということでもなさそうなので、まぁしばらく様子見。
根本的にエアフローを見直すにはまずPCケースを変えたほうがいいのかも…(´・ω・`)

0 件のコメント:

コメントを投稿