2012年4月15日日曜日

Google ChromeのFlashから日本語入力できない問題の回避方法

私はメインブラウザとしてGoogle Chromeを使っているのですが、Chrome 9 からFlashから日本語入力できない問題が発生するようになりました。
Chrome 9では回避方法もあったのですが、Crome 10以降ではこの回避方法が通用しなくなり、Googleグループ内のChromeフォーラム含めネットで回避方法を調べてみてもわからず、安定版のバージョンが18となっても一向に直る気配もなく…。
途中から諦めてFlashから日本語を入力する必要があるサイトはFirefoxで閲覧するようになったのですが、久々に覗いたChromeフォーラムに「これは!」と思う情報が載っていました。
確認された問題:
  1. 検索やリンクなどでWindowlessのFlashを使っているページに辿り着いた場合、IMEが無効のままになってしまう可能性があります。
  2. windowモードの場合、辿り着くまでのページにFlashのオブジェクトが使われている場合、IMEの言語バーが非表示になることがあります(日本語が入力可能ですが、IMEの状況が確認できません)。
  3. Realplayerがインストールされている場合、かつ「このビデオをダウンロード」というオプション機能がONになっている場合、WindowlessのFlashを使っているページでは日本語入力ができないです。
『Google Chromeで Flashを利用したゲームや動画の日本語入力について (Chrome 17からの現状と今後の対応について) - Google グループ』より

『Realplayerがインストールされている場合、かつ「このビデオをダウンロード」というオプション機能がONになっている場合』だと??
そういえばRealplayerが入っていたな…と思い早速Realplayerの該当オプション機能をOFFにしたところ…あれほど悩んでいたのがウソのようにFlashから日本語が入力できるようになりました!!

ちなみに上記3問題のGoogle側での状況はというと
  • 1.は修正ずみで、Chrome 18.0.1025.140以降に反映。
  • 2.は修正がChrome Canary 20.0.1096.1以降に反映。Chrome 19もしくは18に修正が反映されるよう調整中。
  • 3.は原因特定中。
のため、Chromeが修正されるのはまだまだ先になりそうですが、Realplayerは今では全く使っていないので、この設定のまま使い続けようかと思います。

同じ問題で困っている方がいたら、試してみたらいかがでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿