2011年8月11日木曜日

Xperia acroをひかり電話の子機にしてみました

前回の投稿でXperia acro(SO-02C)の使用感について書いてみましたが、その後いろいろ調べてたら以下の記事を見つけました。
Xperia arcが採用するAndroid 2.3は、「インターネット電話(SIP)」と呼ばれる機能をサポートしている。これは、いわゆる回線交換ではないIP電話を利用するためのものだ。NTT東西が提供するひかり電話も方式は同じで、ルータを設定すればLANに接続中のXperia arcで回線を利用できる。簡単に言うと、Xperia arcが自宅の内線電話代わりになるということだ。

『Xperia arcをひかり電話の子機にする - ケータイ Watch』より

自宅もひかり電話を使っているので、Xperia acroで早速試してみました。

設定方法は上記記事通りにすれば出来ますので記載を省きますが、ひかり電話子機としてしばらく使ってみた感じを簡単にまとめてみました。

① 通話品質
音声の遅延や音切れが発生しているような感じもせず、個人的には全く問題なしです。

② ひかり電話回線からの発信
ひかり電話回線を使う場合もXperia acroの電話帳を使って発信できるのでホント便利です。
反面、発信する際にSIPを使用するか毎回確認する設定にしているのですが、ひかり電話が使用できない外出時も確認が入るのでチョット面倒に感じることがあります。

③ ひかり電話回線からの着信
端末側でSIP設定の「着信を受ける」をONに設定すれば、ひかり電話回線・携帯電話回線の両方から着信を受ける事ができます。
この「着信を受ける」設定は自宅のひかり電話ルータに端末を登録する設定のため、登録ができない外出時には電池の事を考えてOFFにしておくのですが、帰宅時にONにしておくのを忘れることがよくあるのが難点ですw


操作や設定で多少慣れが必要とは思いますが、ひかり電話の子機としてもXperia acroは十分使えると思います。
完全にシームレスとは言えないですが『自宅では携帯電話回線も着信できるひかり電話子機、外出時は携帯電話』という使い方ができるメリットは大きいと思うので、このまま運用してみようと思います。