2010年6月14日月曜日

「はやぶさ」帰還とテレビ

珍しく今日はブログ2本立てですw
小惑星探査機「はやぶさ」は13日午後11時20分(日本時間午後10時50分)ごろ、豪州南部の上空で大気圏に再突入し、約60億キロの旅を終えて7年ぶりに地球に帰還した。月以外の天体に着陸した探査機の帰還は、世界で初めて。宇宙航空研究開発機構は、小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のある回収カプセルの捜索を始めた。

『asahi.com(朝日新聞社):「はやぶさ」とカプセルが地球に帰還、大気圏突入確認 - サイエンス』より

いろいろとトラブルに見舞われた「はやぶさ」ですが、予定より3年遅れで地球に帰還しました。
ほんと関係者の方々、お疲れ様です!

38万キロ離れた月以外の天体との往復は世界初。
イトカワの砂の回収に成功すれば、月の石を持ち帰った旧ソ連のルナ計画や米国のアポロ計画、宇宙空間で彗星のチリを回収した探査機に次ぐ成功という快挙です。


その模様はUSTREAMなどでも配信していたようで、私は配信中のものは見れませんでしたが、録画動画の方を見ました。
その反面、テレビとかではほとんど報道がされず、ワールドカップ一色です。
日本のテレビマスコミはホント何のために存在してるんだろう…って気になってしまいました。
世界的イベントであるワールドカップは外せないでしょうが、世界的快挙のはやぶさの事をもうちょっとテレビでスポットを当ててもいいのではないかと…。

最近テレビを観ることが少なくなった私ですが、仕事が忙しいからというのもあるとは思いますが、「内容が偏りすぎのテレビに面白みを感じない」のも原因かなと考えさせられたので、ブログに書いてみました。

明日から仕事でただでさえ憂鬱なのに、なんか一層憂鬱になったなぁ…(´・ω・`)

0 件のコメント:

コメントを投稿