2009年9月27日日曜日

サブウェイ123 激突

長かった連休の最終日、明日からの事を憂鬱になりながら、映画を見てきました。
見てきたのは『サブウェイ123 激突』です。

ニューヨークの地下鉄がハイジャックされた。犯行グループは先頭車両に人質の乗客とともに乗り込んだ後、切り離して停止。異変を察知した運行司令室では、たまたま当直だったベテラン職員ウォルター(デンゼル・ワシントン)が犯人との交信に成功。だが主犯格でライダーと名乗る男(ジョン・トラヴォルタ)の要求はとんでもないものだった。「1時間以内にニューヨーク市に1000万ドルを要求する。時間をすぎれば人質を一人ずつ殺す」

この映画は1974年に公開された「サブウェイ・パニック」のリメイクとのことですが、旧作の知識なく本作を見てきました。
デンゼル・ワシントンジョン・トラヴォルタは個人的に好きな俳優なので、この2人の緊張感のあるやりとりが見てておもしろかったです。

それにしても、ジョン・トラヴォルタはこういう悪人役がぴったりですね。かといって善人役でもOKなんだから、俳優としての幅が広いよなぁ。それと対峙するデンゼル・ワシントンも冴えない地下鉄職員がぴったりはまっていて、さすがという印象。

予定調和的な部分がありますが、単なる善人ばかりでないこの映画、安心して楽しめるエンターテイメント作品だと思います。

シルバーウィーク

9/19からのシルバーウィーク、溜まっていた休暇を谷間にとって9連休でしたが、いよいよ今日が最終日。
明日からあの修羅場に復帰かと思うと、かなりブルーな気持ちになります…orz

休暇中はほとんど実家でゴロゴロしていましたがw、実家帰省の前に千葉に住む友人の家に行って来ました。



その友人は、つい最近、新居(ログハウス)をたてて千葉に引っ越したので、新居がどんな感じかとても楽しみでした。

行ってみた感想…ログハウス良い!w

1泊させてもらったのですが、なんか貸別荘に遊びに来た気分でのんびり過ごせました。
新居と言うこともあって、これから室内外をいろいろいじっていくと思うので、どんな感じで変わっていくのか楽しみです。
ということでまた押しかけていきたいと思いますw

さぁて…明日から仕事だ…憂鬱だ…。

2009年9月14日月曜日

しんぼる

さて9/13はお目当てのものが見られず凹み気味で横浜から帰って来たわけですがw、帰り道の新宿で映画を見てきました。
9/12から公開を開始した松本人志監督作品の『しんぼる』です。

公開前情報はほとんどなく、四面を真っ白な壁と天井に囲まれた何もない部屋にパジャマ姿の主人公(松本人志)が閉じ込められているくらいの情報位かなぁ、私が知ってた前情報は。
まぁどっちにしても、あの松本人志が作る映画ですから、普通な展開の映画じゃないなという思いで見に行きました。

で見た感想はというと…やっぱり普通の展開の映画じゃなかったw

ただ、個人的には前作『大日本人』よりも良かった気がします。
笑いのポイントでは素直に笑えるし、内容的にも自分なりに理解できた部分もあるので、前作よりもわかりやすくなっている印象を受けました。その辺がよく思えたポイントなのかなぁとおもいます。(まぁ、期待値がそれほど高くなかったというのもあるのでしょうがw)

とは言っても、普通の展開なんて期待できない映画なので、かなり評価が分かれる作品なのは間違いないだろうなぁとおもいます。

最後に『しんぼる』というタイトル…まぁ確かにあれはシンボルだなって感じですw

横浜大桟橋

昨日(9/13)は横浜大桟橋に行って来ました。



勤めている会社の営業所(数年前まで本社)が横浜にあるので、たまに横浜には来ることはあるのですが、職場付近以外を歩くのはかなり久々でした。

ちょうど大桟橋には日本籍では最大の客船の飛鳥Ⅱが停泊してました。


さすがに飛鳥Ⅱはでかかったなぁ。こんな客船にのってのんびり旅行してみたいや…でも無理なんだろうなぁ…(;´д⊂)

さて、ホントはみたい物があって大桟橋にきたのですが、13日にやると思っていたのですが実は12日という大ボケをやってしまいました…(;´д⊂) あぁ~あ、何やってるんだろう…俺…orz

ということで、結局は新宿まで戻って映画を見てきましたとさw
映画の方の話は、また別記事で書きますね。

2009年9月2日水曜日

投票できなかった成人・投票できた未成年

今回の総選挙、マスコミの事前予想通り、民主党圧勝でしたねぇ。
選挙といえば毎回報道にあがる投票所でのトラブル。今回の総選挙でもいろいろトラブルはあったみたいですが、その中でも気になったのが2つのニュース。

衆院選:21歳を子供と間違え用紙渡さず 神奈川・平塚

30日の総選挙で、神奈川県平塚市選挙管理委員会が母親とともに投票所に来た女性(21)を親に同伴した子供と思いこみ、一部の投票用紙を渡さないミスがあったことが分かった。女性は怒って帰宅し、市選管は棄権として処理した。

同選管によると、ミスがあったのは市立金田公民館の投票所。30日午後6時ごろ、女性は母親と一緒に投票に訪れ、整理券を提示して小選挙区の投票を済ませた。続いて比例代表の投票用紙をもらおうと手を差し出したが、担当職員が未成年と思い、用紙を渡さなかった。女性は小柄で、職員は「子供のように見えた」と釈明している。

母親が別の職員に抗議し、職員は帰ろうとしていた女性に「帰ると棄権の扱いになる」と説明したが、女性は投票しないまま帰ったという。同選管の二宮雅治事務局長は「国民の最高の権利が行使できずに申し訳ない。謝罪したい。間違いがないように職員の研修を徹底させたい」と話している。【渡辺明博】

『衆院選:21歳を子供と間違え用紙渡さず 神奈川・平塚 - 毎日jp(毎日新聞)』より

選挙:衆院選 誤って用紙渡し、11歳女児が投票 有効に--大阪

大阪市選管は30日、同市西淀川区の投票所で小学生の女児(11)に誤って投票用紙を交付し、実際に女児が投票するミスがあったと発表した。女児が投じた票は他の票と区別できず、公職選挙法上、有効になる。

市選管によると、30日午後2時ごろ、同区佃1の佃小学校に設けられた投票所で、担当者が女児の父親(47)に比例代表と最高裁裁判官の国民審査の投票用紙を渡した後、女児にも誤って交付した。女児は記載台に寄った後、投票箱に用紙を入れた。その直後、担当者が顔見知りの女児だったことに気づいた。

女児は身長が約150センチと比較的大柄で、有権者と思い込んで投票用紙を渡したという。【牧野宏美】

『選挙:衆院選 誤って用紙渡し、11歳女児が投票 有効に--大阪 - 毎日jp(毎日新聞)』より

一方は成人なのに投票できず、もう一方は未成年なのに投票できちゃった…、いくら高投票率で人が多かったとはいえ、なんだかいただけないミスだなぁ…。

両方のミスとも再発防止策として研修とかの徹底ということになるのでしょうが、現行選挙制度(小選挙区比例代表並立制)の複雑さと、それに伴う投票手続きの煩雑さが原因の1つのように思えます。
(成人女性の件についてはその後の係員の対応にも問題あるような印象も持ちましたが)

選挙制度をすぐに変えることは無理としても、投票手続きの方はもうチョット工夫する必要があるんじゃないかと思います。
再発を本気で防ぐ気であれば、仕組みを見直すことを解決策にしないと、人間なんだからミスしますって。